Navia 北欧・スカンジナビアの家と暮らし(sponsored by シュガービレッジ) » スカンジナビア・北欧の雑貨

スカンジナビア・北欧の雑貨

このページでは、北欧スカンジナビアを代表するブランドの雑貨について紹介しています。

特徴的なテキスタイルデザインのパイオニアとなった「フィンレイソン」や、美しい吹きガラス「イッタラ」など、キッチンアイテムをはじめ、可愛らしいフィギュアをつくる「Lisa Larson」など、魅力的なスカンジナビア雑貨がめじろおし。

ぜひチェックしてみてくださいね。

finlayson

finlayson
引用元:finlayson公式HP
(http://www.finlayson.jp/shopdetail/000000000635/Interior/page1/order/)

「Finlayson(フィンレイソン)」は、北欧・スカンジナビアのテキスタイルデザインにおける、パイオニア的な存在のブランドメーカーです。

創業は1820年と言いますから、発祥の地フィンランドでも最古のテキスタイルメーカーとして、不動の地位を有しています。 実際、現地を訪れれば、ほとんどの家庭に、フィンレイソンの雑貨がある光景を見ることができます。

キッチン用品から寝具、ポーチやバッグなど、商品には幅広いラインナップがありますが、その特徴的なパターンや花柄のイラストのために、フィンレイソンの商品であることが、一目でわかるほど。

大胆な模様はもちろん色使いにも独特の強さがあるため、暮らしにとりいれれば見るたびにエネルギーをもらえそうです。

ittala

ittala
引用元:ittala公式HP
(https://www.iittala.jp/products/detail.php?product_id=124)

「ittala(イッタラ)」は、フィンランドのガラス吹きの職人、ピーター・マグナス・アブラハムが1881年に創業した、歴史あるガラスウェアのブランドです。

その当時から「特別な輝きを放つガラス」として評判を集め、時代を超えた現在でも、使い捨て文化の風潮に反して、一生にわたって使い続けることができる耐久性と、飽きのこない本質的なデザインで輝いています。

近年では、ガラスウェアにとどまらず、食器やキッチンツールなど、幅広いラインナップを展開しているイッタラ。テーブルウェアの総合的なメーカーとして、素材を感じられるシンプルモダンな色合いのアイテムを世に送り出しています。

確かなクラフトマンシップを感じますね。

KAHLER

KAHLER
引用元:SCANDEX公式HP
(https://www.scandex.jp/item/00980010068 )

デンマークの陶器ブランドと言えば、やはり「KAHLER(ケーラー)」です。

ケーラーのデザインにおけるアイデンティティとも言える、洗練されたボーダー柄の花瓶「オマジオ」が特に有名で、北欧スカンジナビアの雑貨のなかでも、ひとつは持っておきたいアイテムとさえ言われています。

さらに商品は、一点一点すべてが手づくりされており、ボーダーラインも手塗り。ハンドメイドならではの温もりが感じられます。これはまさに、北欧スカンジナビアに息づく温かみそのものですね。

ケーラーの創業は1839年。長い歴史を持ちながら、小さな家のようなデザインのキャンドルホルダー「アーバニア」シリーズなどユニークで可愛らしいアイテムも展開しています。

Lisa Larson

Lisa Larson
引用元:TONKACHI STORE公式HP
(https://shop.tonkachi.co.jp/view/item/000000001134?category_page_id=LL_kitchen)

スウェーデンの陶芸アーティスト、Lisa Larson(リサラーソン)は、可愛らしくもユーモラスな動物のフィギュアをつくっています。

一目見れば思わず心奪われてしまう作品ばかりで、世界中に彼女のファンがいますが、とりわけ日本での人気は凄まじく、制作された作品の半分が日本に向けて輸出されているほど※。

Lisa Larsonの工房でつくられる、キュートな表情やたたずまいを見せてくれる動物のフィギュアたちは、いずれも1点ものばかり。

スウェーデンの森のなかで画家の夫と暮らし、いつもかわいらしいことを考えているおばあさん、Lisaだからこそ生み出すことができる、素朴で温かみある表情をしています。アーティストの人柄がにじみ出ているようですね。

※参照元:free design公式HP(https://www.freedesign.jp/shopbrand/ct127/)

marimekko

marimekko
引用元:marimekko公式HP
(https://www.marimekko.jp/shop/marimekko/Unikko+コーヒーカップ/item/view/shop_product_id/46)

1951年に創業された「marimekko(マリメッコ)」は、フィンランドの国民的なファッション・雑貨のブランドメーカーです。

「ウニッコ(Unikko)」と呼ばれる大ぶりな花柄のデザインが特に有名で、これはまさにマリメッコのアイコンとも言える象徴的なデザイン。

それぞれの花びらは不揃いですが、とにかく鮮やかで、眺めているとエネルギーを感じます。 世界的な知名度を誇るマリメッコですが、もちろん日本でも北欧スカンジナビアのファンからも大人気。

北欧雑貨が取り入れられ始めた当時から、根強い指示を獲得しています。メンズ、レディース、キッズのファッションアイテムはもちろん、カバンや生活雑貨など、幅広い商品が揃っています。

DANSK

DANSK
引用元:北欧、暮らしの道具店公式HP
(https://hokuohkurashi.com/product_contents/496)

「DANSK(ダンスク)」というブランド名は、「デンマーク風」という意味。

1954年に設立されたデザインブランドで、「スカンジナビアらしいモダンな美意識」をコンセプトに、機能的で使いやすい、温もりがあるプロダクトを世界へ送り出しています。

ダンスクの特徴は、デンマーク王室やルーブル美術館にも収蔵されている芸術性の高さながら、誰もが使いやすいキッチンアイテムを取り揃えていること。

片手鍋、両手鍋、ミルクパンなど、大きさも使う人に合わせて選ぶことができ、食器類は電子レンジや食器洗い機にも対応しているものが多いです。

最も人気があるホーロー鍋は、フタが鍋敷としても使用でき、まさにデザインと機能性が合致したアイテムになっています。

華やかな雑貨を飾りたい、スカンジナビアな住宅たち

華やかなのに落ち着いたデザインが特徴的な北欧・スカンジナビアの雑貨は、部屋に飾るだけで空間をパッと明るくします。雑貨はもちろん、「スカンジナビア」という世界観に惚れ込んだ施主たちが住む、スカンジナビアな住宅事例にもご注目ください。

スカンジナビアデザインの
住宅事例を集めました

監修協力シュガービレッジ
シュガービレッジ共通パーツ

北欧・スカンジナビアデザインの家づくりを手掛ける、群馬県高崎市の「シュガービレッジ」。スカンジナビアの豊かなライフスタイルを再現する「木枠の窓」や「漆喰の壁」など、他の住宅会社では見ることができない素材やデザインが魅力です。Navia編集部は、日本国内でも数少ない「スカンジナビアデザインを極める工務店」である同社に当サイトの監修を依頼しました。シュガービレッジの、「くつろぎとやすらぎの暮らし」をコンセプトにした住宅事例は、HPにも多数掲載。ぜひご堪能ください。

シュガービレッジHPで
スカンジナビアな家を見る

電話で問い合わせる

シュガービレッジ共通パーツ