Navia 北欧・スカンジナビアの家と暮らし(sponsored by シュガービレッジ) » スカンジナビア・北欧の家具&インテリアまとめ » チェア

チェア

ハンス J. ウェグナー氏をはじめ、優れた職人的デザイナーが生み出したスカンジナビアデザインのチェアは、数々の復刻版コレクションがつくられるほど、世界中にファンがいます。

スカンジナビア・北欧ブランドのチェア

北欧スカンジナビアのチェアは、ハンス J. ウェグナー氏がデザインした歴史的な名作である「Yチェア」にも見られる通り、木材を活かした曲線美にその特徴があります。木材本来の温かさを演出してくれることはもちろん、腰掛けたときに身体を包み込んでくれる心地よさもつくりだし、世界中の人々を魅了しています。

発表から半世紀以上過ぎたものの、時を超えて愛用され続け、また新たに求められてやまない北欧スカンジナビアのチェアたち。現在でもコレクションチェアとして復刻されている名作の数々が、歴史の1ページを彩ります。

CARLHANSEN & SON(カール・ハンセン&サン)

carlhansen-chair
引用元:カール・ハンセン&サン公式HP
(https://www.carlhansen.com/ja-jp/ch24)
carlhansen-chair2
引用元:カール・ハンセン&サン公式HP
(https://www.carlhansen.com/ja-jp/collection/chairs/ch88t/ch88t-beech-s9000-n-s9000-n/variant/7181)
carlhansen-chair3
引用元:カール・ハンセン&サン公式HP
(https://www.carlhansen.com/ja-jp/collection/chairs/ch33p/ch33p-oak--ryg-oak--soap--thor-300/variant/7012)

カール・ハンセン&サンは、1908年にデンマークの家具職人カール・ハンセン氏によって創業しました。「椅子の巨匠」と呼ばれるデザイナー、ハンス・J・ウェグナー氏との共作が有名。世界中で愛される家具を送り出しているブランドです。

同社が世に出したチェア「CH24」は、「Yチェア」としても有名です。背もたれ部分である木製の曲線が、印象的なY字を描き出していることから、Yチェアという名前が生まれました。

北欧スカンジナビアを代表する家具デザイナー、ハンス J. ウェグナー氏がデザインした歴史に残る名作で、1950年から生産され続けているベストセラー。デニッシュモダン(※1)なデザインは、時代を超えて愛されています。

アームと背もたれを一体化させたCH24のつくりは、デザイン的に斬新ながら機能性においても安定した心地よい座り心地を実現。完成までに100もの工程があり、すべてを職人が手作業で対応。その技術力の高さが伺える作品です。

※1 デニッシュモダン:1940~60年代にデンマークで盛んになった木製家具のミニマリズム運動のこと

Onecollection(ワンコレクション)

onecollection-chair
引用元:SKANDIUM公式HP
(https://www.skandium.com/products/45-chair)
onecollection-chair2
引用元:SKANDIUM公式HP
(https://www.skandium.com/collections/chairs/products/council-chair)
onecollection-chair3
引用元:Onecollection公式HP
(https://www.onecollection.com/portfolio-item/time-chair/)

ワンコレクションは、フィン・ユールがデザインした家具作品のほとんどすべてを復刻、製造しているメーカー。使用されないコレクションアイテムではなく、暮らしのなかで愛される彼の作品を揃えており、スカンジナビアを感じたい人なら必見のブランドです。

「世界で最も美しい」と言われる肘掛けがある椅子。それがワンコレクションが発表した「Model 45」です。北欧スカンジナビア・デザインの巨匠として知られるデザイナー、フィン・ユール氏によって設計されたこのチェアは、優美な曲線を描く肘掛けで世界中の人々を魅了。三次元に展開される美しい形状が唯一無二の存在感をかもしだしています。

座面が浮いているように感じられるフィン・ユール氏らしい独特なデザインは、実はこのModel 45から始まった記念碑的な作品。脚の木材は、ウォルナット、チーク、オーク材から選ぶことができる自由さも魅力的です。

J.L. Moller(ジェイエルムラー)

moller-chair
引用元:デンマーク家具.com公式HP
(https://www.denmark-kagu.com/products/model-55_teak/)
moller-chair2
引用元:デンマーク家具.com公式HP
(https://www.denmark-kagu.com/products/model-56-oak/)
moller-chair3
引用元:デンマーク家具.com公式HP
(https://www.denmark-kagu.com/products/model-71-walnut/)

ジェイエルムラーは、1944年に、家具職人でありデザイナーでもある、Niels O.Moller (ニールス・O・モラー)によって設立されました。

北欧スカンジナビアの「本物のチェア」を求めるなら、外せない存在と言えるアイテムがこのジェイエルムラー」の「Model 55」。ニールス・O・モラーの作品として、半世紀以上にわたって愛され続けています。

天然木材を使用するという素材の良さはもちろんですが、きめ細かい木肌や自然な継ぎ目など、素材を最大限に活かすジェイエルムラー氏の職人の技術があってこそ。それは芸術性の高いフォルムについても同じで、Model 55が世界中に供給されている現在でも、職人による仕上げは決して欠かされない工程です。

背もたれとアームは、食事や作業時でも邪魔にならない高さに設定。腰掛ける人の身体をやさしく包み込む心地よさがあります。

ADELTA(アデルタ)

adelta-chair
引用元:メトロクス公式HP
(https://metrocs.jp/products/detail/263)
adelta-chair2
引用元:メトロクス公式HP
(https://metrocs.jp/item/265/)
adelta-chair3
引用元:メトロクス公式HP
(https://metrocs.jp/item/266/)

ポールチェアを製造しているのは、1989年に設立されたブランド「アデルタ」です。有名デザイナーのエリエール・サーリネン氏をはじめ、数多くの巨匠が生み出したインテリア家具を復刻するためにつくられたメーカーです。その熟練した技術で、数々の名作家具を提供しています。

ポールチェアが優れているのは、デザインの独創性だけではありません。椅子に深く腰かければ、周囲から独立した個室のような座り心地を与えてくれます。周囲の音(環境音)を70%もシャットしてくれるため、自分だけの空間を堪能することもできるのです。

もともと「ボールチェア」が生まれたのは1966年。国際家具の見本市で発表されたその当時、ポールチェアの独創的で宇宙的なフォルムは、デザイナーのエーロ・アールニオ氏の名前を、世界中に広めました。以来、モナコのグレース王妃をはじめ、世界中のセレブリティやミュージシャンなどのあいだで根強い人気を有しているポールチェア。デンマークのデザインミュージアムやMoMAなど、有名な美術館に収蔵されるほど芸術性の高いアイテムなのです。

スカンジナビア・北欧の
家具&インテリアまとめ

スカンジナビア・北欧デザインの家には北欧チェアがおすすめ

スカンジナビアデザインの家では、インテリアも北欧スタイルにこだわりたいもの。椅子は毎日使用するので、納得いくお気に入りの北欧チェアを選びましょう。室内のインテリアのスタイルを統一すると空間が整い、日々の生活を穏やかな気持ちにしてくれます。北欧チェアの選び方を探ってみました。

北欧チェアをお部屋のテイストに合わせる

家のインテリアに合わせて揃えていく椅子選びも時間を要します。選び方のポイントを知ることで、時間をかけずに自分好みの椅子を手に入れることができます。3タイプの北欧チェアを紹介します。

希望に満ち溢れた新しい生活の中に新品の北欧チェアを

新品の北欧チェアは最新の技術を施し仕上げられています。新しく製造されていることで強度もしっかりしていて、メンテナンスを加え長期的な使用が可能。生活の一部となることで、家族との思い出を刻みながら材質の変化の味わいを楽しめるでしょう。新築する方は家と同様に、新品の北欧チェアがおすすめです。

落ち着いた家づくりを目指すなら北欧ヴィンテージチェア

何十年という長い時間をかけて、深みのある質感に変化した北欧ヴィンテージチェア。北欧ヴィンテージチェアは、1950年から70年代に製作された椅子です。木材は、良質なチーク材・ローズウッドなどが使用されています。長年の経過を経ても、使い続けられる耐久性の優れた家具です。独特な質感が魅力の北欧ヴィンテージチェアを置くことで、お部屋を落ち着いた雰囲気にコーディネートできます。

汚れと予算が気になるならリプロダクトチェアが解決

リプロダクトチェアは、意匠権の期限の切れたデザイナーの製品を正規メーカー以外の企業が復刻生産したもの。意匠権が切れたものを復刻しているので、違法に生産されたコピー品ではありません。安価で手に入れられることがおすすめのポイント。金額で迷うことなく購入できます。また価格が抑えられていることで、小さな子どもがいても汚れを気にせず使用できます。

お部屋に合った素材選び

シンプルかつデザイン性のある北欧チェア。椅子に使用された材料によって、お部屋の雰囲気を変えることができます。木製・革製・布製の北欧チェア、それぞれの特徴をご紹介します。

木のぬくもりを感じる北欧チェアはナチュラルテイストな雰囲気にマッチ

スカンジナビア・北欧では、白樺やブナの木材を使用して家具を製作する習慣がありました。またチーク・ローズウッドなど高級な木材を使用されている場合もあり、耐久性に優れています。お部屋をスカンジナビア・北欧のような自然な雰囲気を作るには木製チェアがベストチョイス。木製チェアは経年による色合いの変化も楽しめます。

落ち着いた大人の雰囲気が楽しめる革製の北欧チェア

木製のフレームに、黒やこげ茶などシックな色のレザーを張り地として組み合わされた革製の北欧チェア。木の持つぬくもりや温かさがレザーと組み合わさり、モダンな印象を与えてくれます。高級感のある革製の北欧チェアは、書斎やリビングなど安らぐ空間にもマッチします。

色で雰囲気を変える布製の北欧チェア

北欧チェアの張り地として使用している布や織物は多数あります。これまでの北欧デザインでは、グレーやベージュなどシックな色使いが特徴的でした。現在では、オレンジ・黄色・緑色などカラフルな色使いの北欧チェアがみられます。布製のポップな椅子は、子供部屋・リビングなど空間に変化をもたらし明るく元気の出る部屋にしてくれるでしょう。

監修協力シュガービレッジ
シュガービレッジ共通パーツ

北欧・スカンジナビアデザインの家づくりを手掛ける、群馬県高崎市の「シュガービレッジ」。スカンジナビアの豊かなライフスタイルを再現する「木枠の窓」や「漆喰の壁」など、他の住宅会社では見ることができない素材やデザインが魅力です。Navia編集部は、日本国内でも数少ない「スカンジナビアデザインを極める工務店」である同社に当サイトの監修を依頼しました。シュガービレッジの、「くつろぎとやすらぎの暮らし」をコンセプトにした住宅事例は、HPにも多数掲載。ぜひご堪能ください。

シュガービレッジHPで
スカンジナビアな家を見る

電話で問い合わせる

シュガービレッジ共通パーツ