Navia 北欧・スカンジナビアの家と暮らし(sponsored by シュガービレッジ) » スカンジナビア・北欧の家具&インテリアまとめ » 時計

時計

他のインテリアと同様、北欧デザインの時計も世界中で愛されています。ここでは「NORMANN COPENHAGEN(ノーマンコペンハーゲン)」「Rosendahl(ローゼンダール)」「ARNE JACOBSEN(アルネ・ヤコブセン)」の3つのブランドを紹介。シンプルで美しい北欧デザインの世界に触れてみてください。

スカンジナビア・北欧ブランドの時計

北欧デザインの時計が人気を集める理由は、「デザイン性の高さ」と「機能性の良さ」が挙げられます。職人技が感じられる良質なプロダクトが多く見られることが、世界中に根強いファンがいる理由とも言えるでしょう。

もともと家具をはじめとする、北欧デザインは非常に評価が高いことはよく知られています。時計作りも同様に長い時間かけて培われてきた伝統技術と手作業の良さを継承することで、シンプルながらも温もりに溢れているデザインが誕生したといえます。

NORMANN COPENHAGEN(ノーマンコペンハーゲン)

ノーマンコペンハーゲン
引用元:TABROOM
(https://tabroom.jp/clock/wall-clock/itm0019157/)
ノーマンコペンハーゲン2
引用元:TABROOM
(https://tabroom.jp/clock/wall-clock/itm0019158/)
ノーマンコペンハーゲン3
引用元:TABROOM
(https://tabroom.jp/clock/wall-clock/itm0019151/)

NORMANN COPENHAGEN(ノーマン コペンハーゲン)は、世界中で愛されているデンマークのモダンデザインブランドです。その特徴は、シンプルで機能性を兼ね備えたデザイン。数多くのデザイン賞を受賞しています。

今回紹介する壁時計は、「色見本」からインスピレーションを得てデザインされました。羽を広げるように8個の長方形が配置されたデザインが、シンプルながらも大胆な表情を生み出しています。色違いのデザインもあり。

Rosendahl(ローゼンダール)

ローゼンダール
引用元:TABROOM
(https://tabroom.jp/clock/wall-clock/itm0016769/)
ローゼンダール2
引用元:TABROOM
(https://tabroom.jp/clock/wall-clock/itm0016767/)
ローゼンダール3
引用元:TABROOM
(https://tabroom.jp/clock/wall-clock/itm0016744/)

ローゼンダール(Rosendahl)は、1984年に設立されたデザイン会社です。現在、デンマークのコペンハーゲンにあり、時計の他にも食器や調理器具、木製のアクセサリなどを手がけています。日本にはまだ直営店がないため、代理店などを通してショップで販売されています。

今回紹介する時計は、同社がルードブレ市庁舎を設計した際にデザインしたもの。オリジナルに忠実に再現されており、ケースと一体型になった文字盤が独特な立体感を表現している点に加え、一切の無駄を排除したクールなデザインが特徴です。

ARNE JACOBSEN(アルネ・ヤコブセン)

アルネ・ヤコブセン
引用元:ARNE JACOBSEN
(https://arnejacobsen-time.jp/tableclock_lk.html)
アルネ・ヤコブセン2
引用元:ARNE JACOBSEN
(https://arnejacobsen-time.jp/wallclock_roman.html)
アルネ・ヤコブセン3
引用元:ARNE JACOBSEN
(https://arnejacobsen-time.jp/wallclock_station.html)

ARNE JACOBSEN(アルネ・ヤコブセン)は、「デンマークデザインの父」と呼ばれる建築家兼デザイナーであるアルネ・ヤコブセンによるブランド。数々の傑作を世に送り出していますが、全ての作品は「トータルデザイン」という名の完璧主義によりデザインされている点が特徴。ヤコブセンがデザインした作品は、今でも世界中で高い評価を得ています。

写真は、ヤコブセンが初めて手がけたプロダクトデザイン。その後の作品に大きな影響を与えたとして知られています。柔らかな文字盤が特徴的。

スカンジナビア・北欧の
家具&インテリアまとめ

監修協力シュガービレッジ
シュガービレッジ共通パーツ

北欧・スカンジナビアデザインの家づくりを手掛ける、群馬県高崎市の「シュガービレッジ」。スカンジナビアの豊かなライフスタイルを再現する「木枠の窓」や「漆喰の壁」など、他の住宅会社では見ることができない素材やデザインが魅力です。Navia編集部は、日本国内でも数少ない「スカンジナビアデザインを極める工務店」である同社に当サイトの監修を依頼しました。シュガービレッジの、「くつろぎとやすらぎの暮らし」をコンセプトにした住宅事例は、HPにも多数掲載。ぜひご堪能ください。

シュガービレッジHPで
スカンジナビアな家を見る

電話で問い合わせる

シュガービレッジ共通パーツ